2018年03月11日

沼田(ぬた)のようにどろどろしている意からついたと言われるヌタ、タコとイカで勝負してみた

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

ぬたというのは、
味噌を使ったあえ物のことを言います。
今日は、
アサツキ、イカ、タコ、海藻のマツモを使って
酢味噌和えにしました。

180311ぬた.jpg

年中楽しめる素材たちですが、
アサツキは春先の今時分が一番おいしいと
思います。

海の幸と山の幸がコンビを組んで
今日もおいしく出演しました。
マツモのしゃりしゃり感がすごく新鮮です。

マツモもおいしいので、それだけを
単独で酢味噌で楽しむこともあります。

ところで、「ぬた」って響き、
なんだか語源通り、ヌタヌタとした
泥んこを連想してしまいます。

料理名に使用するのは
ちょっと言葉的に抵抗を感じます。
多分、私だけだと思いますけど(笑)。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 17:19| おすすめメニュー