2018年09月20日

さんま さんま あわれ おとこよ

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

 あはれ
 秋風よ
 情(こころ)あらば伝へてよ
 ……男ありて
 今日の夕餉(ゆふげ)に ひとり
 さんまを食(くら)ひて
 思ひにふける と。

ご存知、「佐藤春夫 秋刀魚の歌」 
ですね。

今はフレンドリーなさんまも
このように詩歌の引き合いに出されると
なんだかとっても優雅な感じ!

今の若い人たちには、このような扱いは
一瞬、お笑いのネタに
思えるかもしれません。

秋刀魚と書いて、さんま。
その字のごとく、
ひと雨ごとに深まる秋に登場しては
食欲の秋を色濃きものにするのです。

180920サンマ.jpg

しっとりとして脂もよく乗り、
鮮度抜群さゆえに誇示する
ジューシーな季節の旨味が
お口の中いっぱいに広がります。

 さんま、さんま
 さんま苦いか塩つぱいか。
 そが上に熱き涙をしたたらせて
 さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
 あはれ
 げにそは問はまほしくをかし。

美味しいさんまよ、みんなを元気にしておくれ。
なんて感傷にひたっている暇もなく
あまりの美味しさに
ムシャムシャとさんまをいただくワタクシでした。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 14:15| おすすめメニュー

2018年09月18日

たかがトーフ、されどトーフ、されど我らが日々

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

暑い夏は冷奴、
寒い冬は湯豆腐。
味噌汁にはお豆腐、
まーぼー豆腐は一品料理で。

……なんて書き始めたら、
豆腐って、いろんな料理に変身するんですねぇ
という方向に話を持っていくんだろうなって
すぐわかりますよね。

スルドイ!(笑)
当たっているだけに
ちょっとやりづらい気もするんですが
気を取り直して書きますね。

そう、今日お出ししたトーフステーキのことを
書こうと思ってたんです。

ステーキだなんて、たかがトーフでしょ?
ネーム的にムリがあるんじゃないかしら。

庶民的な味覚を
なんとかイメージを昇華しようとしてつけたネーム。
見方を変えれば
ちょっと悲しいものがあります。

ま、そんなことはともかく
フライパンでステーキにしたおトーフです。

180918豆腐ステーキ.jpg

でもね、トーフ味しかしないトーフを
ここまで美味に仕上げるなんて
すごい技ですね、惚れ惚れします。

甘辛いソースが効いています。
そこへ松の実とかつお節をドバッと振り掛けて
ご馳走に仕立てました。

淡白なおトーフが
コクのあるおつまみになりました。
名人位昇級です。
(プレバトじゃあるまいし、今日は
コトバだけが先走りしたブログでした。涙。)



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 10:06| おすすめメニュー

2018年09月16日

人生いろいろ、まるで煮付けのように味わい深く

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

終戦記念日とかに組まれる新聞や雑誌の
戦争に関する特集。
そこに当時の写真が掲載されています。

どこかの戦地でたくさんの兵隊さんが
目的地に向けて行進している情景が映し出されています。

ある時、はっきりと顔立ちもわかるように
そこに写っている方々を見て
あらあ、この方は一体、どこから来たのかしら。
きっと、この方を知っている人がいるはずだわ、なんて
思うことがあります。

日本中のいろんな町や村から
招集されて来た方々、
いろいろな人生もきっとあったはずでしょうね。

いろいろと言えば、今日は
キンチャク、シメジ、コンニャク、湯葉などを
煮付けました。
色々な味が渾然となって、まるで
誰かの人生みたい……。ん?

180916煮物.jpg

優しい風味になんだか
癒されます。
いいですね、たまにはこんな風に
いろいろな味を楽しむのも。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 08:00| おすすめメニュー

2018年09月15日

外見の美しさより、中身のうまさで勝負。ドンコの煮付

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

ずいぶん昔の話で恐縮ですが
兼高かおるさんがエスコートする
テレビの旅番組でのこと。

南の方のある国では、
コウモリを普通に食す習慣があり
(なんでもそれはご馳走の部類に入るということでしたが)
さすがに兼高さんは、それはニガテということで
一緒に登場していた現地の男性に
それをpleaseしたのです。

するとその男性は、
美味しそうにコウモリの羽?のところを
チュッチュッとしゃぶりつつ
とても喜んで、「ママへのおみやげにするよ!」と
満面の笑顔を見せていたのが印象的でした。

食わず嫌いという言葉がありますね。
特に初めて見るモノが遭遇したことのないカタチであれば
そうなる傾向があるんじゃないかしら。

今日ご紹介するドンコは
そのキョーレツな外観のおかげで
ずいぶん損をしているお魚さんです。

どんな風に調理しても、とってもおいしい
まさに海の宝物と呼びたいくらいの魚なんですが
初めてご覧になった方は
ちょっと引いちゃうことが多いんですね。

知り合いの東京出身の奥様は、やはり
そうでした(笑)。

でも唐揚げにしたドンコをトライしたら
以来、もうトリコになるほど大好きな魚の一つに
なったんです(ホントよ!)。

ワンダフル・ドンコ!
今日は煮付けにしてお出ししました。
煮付って、意外とむずかしいんですよね。

180915ドンコ.jpg

水加減を間違えると
魚臭さと言いますか、
独特の生臭みみたいなカマリ(=ニオイ=八戸地方の方言)が
残ったり、身が妙に固くなりすぎたり……。

ま、それはともかく、
久しぶりに復活のドンコの煮付。
今日も大変おいしくできました!

外見からは想像もつかないとても上品な風味です。
さあ、どうぞ、ドンコドンコとお召し上がりくださいませ。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 08:00| おすすめメニュー

2018年09月14日

ハートまでグラグラ、ホタテのグラタン

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

高校時代に見た洋画のワンシーン。
何かのせいでもう何日も
アパートの一室に閉じ込められた若き男女二人。

大和撫子タッチの日本女性とは違って
奥ゆかしさとか、乙女の恥じらいみたいな感覚はなく
思っていることをズケズケいう「むき出し」の
性格に違和感を覚えました。

お腹すいてんだけど、何かない?
とその女は言う。

冷蔵庫、開けていい?
と聞くやいなや、勝手にドアを開けて中を見る。
めぼしいものは何もなく、
大きなジャム入りの瓶が1つあるだけ。

それを取り出しては
無造作にテーブルの上に置かれていたフランスパンを
ムチッとちぎっては、「素手」でグイッとジャムを
掘り上げて、そのままパンに塗りつけました。

いつも私たちが食べているジャムとたぶん同じものでしょうが
その盛った(塗った?)ジャムの量がハンパじゃありません。

ええ〜っ、そったらに塗って食べるの!?
(そったらに=そんなに=八戸地方の方言)
いくらお腹が空いていて、
他に何にも食べるものがないからといって
そのハンパない山のような量のジャムをパンに塗って食べるなんて……。
考えられない行動でした。
(状況をデフォルメさせるための演出だったのかも)

外国の食べ物って、
日本人には最初、ちょっと抵抗のあるものが
少なくない気がします。

でも、グラタンの場合、最初から美味しいと思いました(笑)。

180914ホタテグラタン.jpg

今日お出ししたホタテのグラタンは
実は、お客様からのリクエストだったんです。

甘く、コクのあるベシャメルソースが
ホタテ本来の甘さととてもよく合って
ワンダフルな一品になりました。

囲んだポテトもしっとりとして
とっても口当たりのいいお料理に仕上がりました。
素晴らしい出来に、感激しました。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 08:00| おすすめメニュー

2018年09月13日

もう、どうにも、止まらない。真イカの一夜干し

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

スルメのようにガチッと硬いのと違って
真イカの一夜干しは
絶妙な塩加減での仕込みが効いて
素晴らしい海の幸に変身しました。

180913イカ一夜干し.jpg

チョピッと広がる薄い塩加減が
なんともお酒の風味を邪魔せず、
しかし手を取り合うかのように仲良く融合して
ピッタリのおつまみになりました。

さすが、プロの腕。
いい仕事してますね、ヤンデカス!



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 08:00| おすすめメニュー

2018年09月12日

サバが上がって来ましたよ。いよ〜っ、ヤンデカス!

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

東京に行った時
どうしても標準語に置き換えられない言葉があり
とてももどかしい思いをしたことがあります。

今日、使ったタイトルの中の「ヤンデカス」というのも
そんな類の一つ。

一言では言い表せない、
八戸地方独特の方言なのですが
意味的には、
いかにもそれっぽい完成度に仕上がった状態に対して
賞賛するという感じでしょうか。

だからと言って、
「ヒューヒュー、やるじゃん!さすがじゃん!」と
褒めちぎっているだけという心理でもないんですね。
ちょっぴり、冷やかしの気持ちも含まれていると思います。

さて、まちどおさまの鯖が上がって来ました。
人間なら、ヤンデカス!と讃えるところでしょうか。

180912サバ.jpg

銀色に輝く鯖のお姿は
非常に美しい輝きです。
これから、どんどん美味しくなる素晴らしき
海の幸ですね。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 08:00| おすすめメニュー

2018年09月11日

たまっちまった疲労困憊に「林にん豚」のコチジャンみそソース

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

「林にん豚」というのは、
青森県産の「りんご」と「ニンニク」で育てた
豚肉のことです。
ネームはそのことに由来するようですね。

普通の豚肉に比べると甘みが濃く
非常にソフトな肉質が特徴です。

180911林にん豚1.jpg

コチジャンみそとの相性もバッチリ。
豚肉の甘みをコチジャンがピリッと締めて
実に美味!

180911林にん豚2.jpg

少しずつ溜まってしまった夏の疲れは、
疲労回復に役立つ栄養、ビタミンB1が豊富な豚肉で
美味しく、しっかり取り去りましょう。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 09:20| おすすめメニュー

2018年09月10日

思い出の瞬間が蘇るフジツボ

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

何かの動作をした時、
決まってなぜか「ある人」のこととか
「ある出来事」を思い出すってこと、
ありません?

私のある知人は、朝、歯を磨くと
学生時代の一級下の後輩の顔がふと脳裏を横切る
という話をしていました。

それもただ歯を磨いただけでは登場(?)せず
上の右側の奥歯をシュッシュッと磨いた瞬間
その現象が現れるのだとか。

その人のことを特別に意識しているわけでもなく
特別な感情を抱いているわけでもないのに、
なんとも不思議な現象だと言っていました。

今日ご紹介するフジツボ。
私はこのフジツボに遭遇すると
初めてどこかの料亭みたいなところで
食したことを思い出してしまうのです。

180910フジツボ.jpg

久々に市場に入荷したフジツボ。
蒸していただきます。
磯の香りと甘い汁がナイスです。

とてもレアな海の幸の一つ、フジツボ。
カニの身を崩したようなフジツボの身を
さて、じっくり味わうことにしましょうか。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 08:00| おすすめメニュー

2018年09月09日

看板のデザインが変わりました

おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。

小さかった美乃ちゃんも
今は大学生になりました。

180909看板1.jpg

夏休みで帰ってきたので
八戸にいた頃に描いてもらっていた看板の絵を
久しぶりに描いてもらいました。

180909看板2.jpg

クレヨンしんちゃんも
久々の登場です。

そう言えば、
クレヨンしんちゃんの声をやっていた方が
引退しましたね。

時の流れを感じます。
美乃ちゃんもますます才能に磨きをかけ
素晴らしい人生に繋がりますように。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へにほんブログ村青森県 ブログランキングへ
↑2つのブログランキングに参加中です。↑
クリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。

20130701_47logo_yokoa.jpg
お取り寄せサイト「47CLUB」には肴町のらぷらざ亭も出店しています。
47都道府県の地方新聞社が地元の特産品・名産品をおすすめするお取り寄せサイトです。

旬菜料理 らぷらざ亭
旬菜料理 らぷらざ亭
JR八戸線本八戸駅 南口 徒歩10分
〒031-0033 青森県八戸市六日町13(地図)
posted by らぷらざ亭 at 08:00| お知らせ